仮面ライダーカブトでキャストオフしたキャスト達の驚きの今!

仮面ライダーカブトでキャストオフしたキャスト達の驚きの今!

まぎらわしいタイトルですいません(≧≦)

今回は仮面ライダーカブトでキャストオフしたキャストとその現在を紹介したいと思います。

仮面ライダーカブトは変身直後は外殻のアーマーがついているマスクドフォームに。

その後、そのアーマーを吹き飛ばして、攻撃力・スピードがアップするライダーフォームに変形します。

それがキャストオフ

そのキャストオフをしたキャストの現在を調べてみました!

主役の天道総司を演じた水嶋ヒロさんにも動きが・・・

ということで、早速紹介してみましょう。

スポンサードリンク

仮面ライダーカブトでキャスト・オフしたキャスト(その1)

水嶋ヒロ

まずは仮面ライダーカブトとなる主役の天道総司を演じた水嶋ヒロさんですね。

何せ声がめちゃイイ!

当時番組を見ていたうちの奥さんが「無駄にいい声をしている♡」と言っていました!

1984年4月13日生まれで、現在なんと33歳。

水嶋ヒロさんって、実は帰国子女。

へ〜っ!!

小学校まではスイスで暮らしていたそうです。

この仮面ライダーカブトで主役を演じたことでブレイクし、テレビ・映画にも多数出演しましたよね。

しかし、2009年の絢香との結婚もびっくりなニュースでしたが、その翌年の2010年に小説家に転身するためにまさかの芸能界引退のニュースが報じられて、男の自分でさえ相当ショックを受けました!

その後、あまりニュースを聞きませんでしたが、2014年には黒執事という映画に出演。

2016年5月には「株式会社じげん」のCLO(=チーフ・ライフスタイル・オフィサー)に就任

さらに同年9月10日にマゼラン・リゾーツ・アンド・トラスト株式会社のブランディングディレクターに就任

そして、自分自身が代表を務める株式会社3rd i connectionsという会社を設立するというマルチぶりを発揮。

そして、つい最近ではFresh!という番組に出ており、これまで5回の番組が放送されています。

番組の直後はその動画を見ることができており、貴重な生ヒロ?が見れましたけど、今はリンクが削除されています!!

実は今年(2019年)になって今まで更新していたブログをやめてアメブロにブログを開設しています。

https://ameblo.jp/hiromizushima-blog/

内容を読んでいくと、いろいろなことにチャレンジしているようです!!

いや〜、スゴイです。

しかし、どうしても生ヒロが見たいっていう方に・・・

Youtubeチャンネルが開設されていましたので、こちらの動画を掲載しておきます。

まさかの料理でした!

仮面ライダーカブトでキャスト・オフしたキャスト(その2)

佐藤祐基

もう一人の主人公とも言える加賀美新を演じたのが佐藤祐基さん。

天道総司とは付かず離れずでしたが、結果として固い絆で結ばれた名コンビぶりを発揮しました。

劇中では、カブトに次いで強かった仮面ライダーガタックに変身しました。

やじるし、ちなみに ↑ のフィギア−って、値段がアマゾンで¥21,800です。

この佐藤祐基さん、1984年2月22日生まれで33歳。

っていうことで、水嶋ヒロさんと同じ年に生まれていますが、学年は1個上です。

佐藤祐基さんも水嶋ヒロさん同様、仮面ライダーカブトの前から俳優デビューをしていました。

高校時代に野球をやっていたこともあり、仮面ライダーカブトの中でも野球をやるシーンがあります。

42話ではZECT総監である父親の加賀美陸と無言でキャッチボールをする場面は、なんだかちょっとジーンと来ちゃいました!

で、現在も映画やテレビ番組には継続して出ています。

リュウセイという映画では、仮面ライダーカブトに出演した佐藤祐基ということで、予告編の40秒あたりでテロップが出ます。

仮面ライダーカブトでキャスト・オフしたキャスト(その3)

山本裕典

最近、所属事務所を止めさせられてニュースに取り上げられちゃった山本裕典さん。

仮面ライダーカブトでは没落した貴族の末裔の神代剣を演じました。

このカブトが俳優としてのデビュー作でしたが、結構いい味を出してました!

自分のことを「神に代わって剣を振るう男」と紹介し、「俺は全ての分野において頂点に立つ男」とか「××においても頂点に立つ男だ」というのが口癖で、憎めない男という感じでしたね。

劇中ではサソリをモチーフにした仮面ライダーサソードに変身しました。

しかし、自身がワームだったことに気づき、最後は悲しい最後を向かえることに。

番組内では、間宮麗奈の最後に匹敵する切ない最後でした。

1988年1月19日生まれの現在29歳

まだまだ若いですね。

で、事務所解雇後の今は飲食店を何店舗か経営しているとか。

またテレビで姿を見ることができればな〜

仮面ライダーカブトでキャスト・オフしたキャスト(その4)

加藤和樹

メイクアップアーティストの風間大介を演じています。

劇中ではトンボがモチーフの仮面ライダードレイクに変身しました。


加藤和樹さんは、第15回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト最終選考者。

劇中のイケメンメイクアップアーティストは結構はまり役だったと思います。

スポンサードリンク

1984年10月7日生まれの32歳

番組で見る限り、その風貌から結構大人っぽかったけど、水嶋ヒロさん達より1つ年下だったんですね。

で、その後どうだったのかというと、現在は歌手、俳優を続けており、風貌的には結構シブく(?)なっています。

↓ は加藤さんが出演する舞台関連のツイート

歌手活動も継続しており、芸能人としてはまずまずの成功者と言えそうです!

仮面ライダーカブトでキャスト・オフしたキャスト(その5)

徳山 秀典

仮面ライダーザビーに変身した矢車 想(やぐるま そう)を演じました。

矢車想は番組初期にはZECTのエリートリーダーとして登場。

しかし、仲間に裏切られ・・、途中から消えてしまいます。

劇中後半から、もう何とも言えない負のオーラを出す存在で再登場。

正直言って、見るのが辛い・・、そんな存在でした。

徳山 秀典さん自身は、1982年1月30日生まれの現在35歳。

仮面ライダーに変身したカブトの出演者の中では当時最年長だったことになります。

小学生のころから子役としてテレビや映画に出ている等、芸歴は結構長かったんです。

ということで、このマイナスオーラバリバリの難しい役を演じることができたのかもしれません。

2008年の『炎神戦隊ゴーオンジャー』にも、レギュラー出演をしており、特撮向きだったか?
今年の3月には矢車想が後半に変身した仮面ライダーホッパーのベルトの受注生産が行われました。

でも、探してみるとAMAZONでも1個だけ販売されていました!

今は舞台のようですね。

仮面ライダーカブトでキャスト・オフしたキャスト(その6)

内山眞人

もう本当に報われなかった出演者と言えばこの「影山 瞬」でしょう。

演じたのが内山眞人さん。

しばらくの間は仮面ライダーザビーに変身しました。

しかし、役どころとしては敵味方見境もなく強いものにつこうとしていて、節操なしという感じでの可哀想な役でした。

内山眞人さんは1986年5月2日の現在31歳

先にテレビで見かけたのはウルトラマンネクサス。

しかも、こちらではウルトラマンに変身する2代目の主人公 千樹憐(せんじゅれん)を演じました。

番組終了からかなり時間立っているのに、こういうイベントも最近あったんですね!

しかし、ウルトラマンネクサスではヒーローだったのに、このカブトでの役どころのギャップが大きすぎでした。

現在と言うと、この夏は舞台に出演のようです。

そして、ご自身でツイート・・

だいぶ変わってしまいましたね・・・。

1992年に子役としてデビューしており、恐らく実力はあるんでしょうけど、今ひとつ他の人と比べると・・・という感じがしました。

気になる仮面ライダーの呪い?

仮面ライダーシリーズに出演した役者さんが引退、事故、不祥事・・等が続いていることを、ネット上で仮面ライダーの呪い??という表現が時々されています。

この仮面ライダーカブトの出演者でも

  • 作家になるため、芸能界は引退と報じられたのは主役の水嶋ヒロさん
  • ひより役の里中唯さんは芸能界引退
  • 山本裕典さんは所属事務所が突然の契約解除

が引き合いに出されています。

でも、

仮面ライダーシリーズでは、この仮面ライダーで俳優デビューという人も結構多いため、その後も俳優を続けるという人ばかりじゃないとは思いますので、引退する人が出て来るのもしょうが無いと言えます。

でも冷静に見ると、山本裕典さんの場合は除いたとして、水嶋ヒロさんはご自身の道を着々と進んでいるように見えますし、佐藤優樹さんや加藤和樹は芸能界を継続していますよね。

どちらにしても、ライダーのキャストが他の番組等で姿を見かけると嬉しくなっちゃうのは自分だけじゃないだろうと思います。

まとめ

今回は仮面ライダーカブトで仮面ライダーに変身した(つまりキャストオフをした)キャストの現在を調べて、紹介してみました。

  • 水嶋ヒロさんは最近メディアに登場し始めています。
  • 佐藤祐基さんはテレビ・映画に地道に出演
  • 山本裕典さんは芸能界から飲食店経営に・・・
  • 加藤和樹さんは歌や舞台に
  • 徳山秀典さんや内山眞人は活動は控えめですが、舞台等に出演・・

そんな感じでした。

山本裕典さんのニュースは結構なインパクトでしたし、「仮面ライダーの呪い」っていうキーワードにも触れてちょっとびっくりでした。

それにしても、仮面ライダーカブトに出演した皆さんの今後も元気な姿を見かけたいものです。

スポンサードリンク

仮面ライダーカブトカテゴリの最新記事