仮面ライダージオウはダサいか?第1話、2話を見て!!

仮面ライダージオウは、既に第2話(EP02)まで放送されましたね。

個人的には仮面ライダービルドは主題歌も良かったし、初回放送時は「おっ!意外といいかも!!」って思ったんですけど、今回のジオウも個人的には「おおっ!!意外と良い!!」という感じでした。

しかも、1話、2話では、終了したばかりの仮面ライダービルドから、主人公とサブキャラの2名が連続して出演っていうありえない演出が〜!!!

そして、第3話の予告では・・、あの人の登場がっああ〜!!!

おいおい、このままもしかしたら、もしかするのか???

っていう期待がめちゃくちゃ膨れた第2話でした。

 

一方で、やっぱり仮面ライダージオウはダサい???っていう意見もあるようです。

ということで、第1話、2話が終わった段階での感想を書き連ねてみようと思います。

 

スポンサードリンク

 

1.仮面ライダージオウはダサいか??

第1話を見た感想は、「結構いい!!」でしたけど、上の問いへの答えは

迷わず「はい!!」となります。

ビジュアル的にはそう思います。

 

変身後のジオウをまじまじと見ずに、ストーリー重視でいたので、1話でジオウのビジュアルはあまり気になりませんでした。

 

しかし、第2話を見ていた時に、変身後の正面からの映像をしっかり観てしまった際、

顔の「ライダー」の文字が明らかに認識できてしまい・・

ああ、「これは仮面ライダージオウだった!」と、さーっと冷める感じを覚えてしまいました(笑

 

最初、「らいだー」の文字が刻まれるゲイツの方が気になっていたんですけど、こちらの方はパット見た感じでは、「らいだー」の文字は認識不能(笑

そのため、まあまあいいぞ!ゲイツって感じです。

 

その他、画像を見た当初気になっていた時計のバンドのボディー部分のデザインとか、ピンク色の目の部分とか、いろいろ気にはなっていましたが、動画を見る限り、それほど気になりません。

それよりも、最近の仮面ライダーになかったストーリーに引き込まれる、引き込まれる・・

っていう感じが強いですね。

 

そんな感じで、顔の「ライダー」の文字以外は結構いいと思っています。

 

 

2.仮面ライダージオウの個人的に評価している部分

2−1 仮面ライダーが世界を滅ぼす魔王に!

仮面ライダーがディケイドばりに「世界を滅ぼす魔王」になるという存在っていう設定が面白い!

これは放送前から分かっていたことですが、番組が始まって改めて見てみても、面白い、挑戦的な設定と感じました。

 

50年後のオーマジオウが映像として実際に出ており、悪の根源として登場しているのが、ディケイドとの違い。

このあたりで、既にディケイドとの違いを多いに出していると感じました。

 

2−2 魅力的な出演者達

そして、未来からやってきたツクヨミ

彼女が仮面ライダー電王で未来からやってきたハナを連想させます。

ビルドやでは女性キャラの役割がいまいちはっきりせず、存在感がいまいち薄かったと感じていました。

一方、ツクヨミは大きなミッションを持って登場しており、様子がわからない主人公を、良太郎を導くハナと同じような役割を担っています。

ハナは個人的にお気に入りですから、この点、プラス評価でした。

 

もう一つ、明光院ゲイツが見た目、まるで仮面ライダー龍騎で松田悟志さんが演じた秋山蓮!!

ヘアースタイルといい、服装といい、絶対、意識させている!

というか声の感じも、蓮そのもの。

 

蓮も城戸真司と敵対しながらも、彼を助けるクールな役割を果たし、お気に入りの一人ですが、

なんとなく彼を連想させる登場人物がいるということで、これもプラス評価です。

 

それと、その他の出演者がかわいい顔をしており、面白い存在っていうのが、結構評価が高くなっているような!

その一人が青い服を着た、一瞬女の子かと見間違うようなアナザービルドを作り出したウォール

「タイムジャッカー」っていうネーミングはイマイチだと感じるんですけど、設定を複雑にしてくれる?存在として、このタイムジャッカーも面白い。

という点で、これもプラス評価です。

 

もう一人は謎のウォズ

彼が魔王にしてしまうのか??

なんとなく、イメージがアギトに出てきた

 

2−3 今度はタイムマシーンだ!

そして、ロボット型のタイムマシーンで過去に飛ぶっている設定は、仮面ライダー電王ではデンライナーを使っていたのと違った設定で、多少リアリティが増したかな?

コックピットが青い色で、ちょっとだけハリウッド系のロボット映画をイメージさせてくれました。

 

しかし、名前がタイムマジーンか??

このネーミングって、もしかしたら・・・

「タイムマシーン」「時の魔神」にかけているような(笑

 

2−4 伏線的な名前の持ち主

ちなみにツクヨミって、未来人らしい名前だな・・って思っていたら、神話に出てくる神様の名前だとか。

日本書紀と古事記ではイザナギノミコトによって生み出された月の神様のようです。

ただし、本編のスピンオフの仮面ライダージオウ補完計画1.5話「ネーミングの謎」では、ツクヨミは「月を読む」、つまり「暦の神様」と説明されています。

 

さらに、ゲイツも古代文明では王を門と呼び、英語ではゲイト・・、だが、なぜかゲイツの方がかっこいいから・・という説明がされています。

ということで、50年前の世界にやってきたツクヨミとゲイツ自身が、今後の物語の進展に大きな伏線になっている感じがしますね。

 

2−5 時計堂クジゴジ堂が以前のシリーズを思い起こさせる

主人公が住んでいる場所が時計堂っていう設定。

これは何となく仮面ライダーウィザードの時の面影堂をイメージさせてくれます。

 

店主で言えば、もっとも強烈な個性を出していた仮面ライダークウガのおやっさんこと「飾 玉三郎」

今回は、店主の常磐順一郎を生瀬勝久さんが演じています。

初回から、結構いいセリフを言ってくれたりと、独特の雰囲気を出してくれていますね。

 

このクジコジ堂と店主を演じる生瀬勝久の演技で、何となく以前のライダーシリーズと重なる感じを覚えてしまい、この点も懐かしい??感じでプラス評価でした。

 

 

3.3話以降の仮面ライダージオウの出演俳優に大期待!

3−1 主人公役の本人出演が続く

1話、2話では、番組が終了したばかりの仮面ライダービルドから、桐生戦兎役の犬飼貴丈と万丈龍我役の赤楚衛二が、続けて登場したのは拍手ものでした。

スポンサードリンク

これまで、終了直後の番組に主人公本人が続きのシリーズに登場したのは、仮面ライダーディケイドの1話に仮面ライダーキバの紅渡がメッセンジャー的な役割で登場したぐらい??(他にもあるかもしれませんが)

今回は2話に続けて出演しました!!

これビックりです。

 

しかも、第3話の予告で、宝生永夢の姿が映し出されました!

仮面ライダーエグゼイドの出演者が複数出てくる様子です。

 

これを見た瞬間に、

仮面ライダージオウでは、順番にさかのぼって、主人公を演じた本人が出てくるのか

という期待が一挙に膨らみました。

 

 

もしかしたら、

もしかしたら、

物語の最後の方では、仮面ライダーディケイドでは無かったオダギリジョーの五代雄介が出てくるのか?

 

って、めちゃくちゃ期待しちゃいました!!

 

wikipediaを見ると、今後、乾巧とあの草加雅人の名前が載っているではないですか!!!

しかも、どちらも本人が出演する様子!!

 

あの、草加ですよ!!

お前まで出てくるのか???

あの人を見下したような「何かな??」をまた聞くことになるのかあああ〜!!

 

3−2 今後もありそう?主役の本人登場

テレビ放送終了後、映画等で主人公役の俳優本人が出てきたことがあるのが・・・

 

仮面ライダーアギト:津上 翔一(賀集利樹)

仮面ライダー剣:剣崎一真(椿隆之)⇒ ゴライダーでも出てきました!

仮面ライダー555:乾巧(半田健人) ⇒ これから登場予定

仮面ライダー鎧武:葛葉紘汰(佐野岳)

仮面ライダーW:左翔太郎(桐山漣)とフィリップ(菅田将暉)が両方出演している

仮面ライダーフォーゼ:如月弦太朗(福士蒼汰)

仮面ライダーディケイド:門矢士(井上正大)

仮面ライダーオーズ/OOO:火野映司(渡部秀)とアンク (三浦涼介)の両方が出演

仮面ライダーウィザード:操真晴人(白石隼也)

仮面ライダードライブ:泊進ノ介(竹内涼真)

仮面ライダーゴースト:天空寺タケル(西銘駿)

仮面ライダーエグゼイド:宝生永夢(飯島寛騎)

(順番は一部入れ違っています)

 

と、本人出演って結構ありますね。

 

TV版では上で紹介したとおり、仮面ライダーディケイドの1話に仮面ライダーキバの紅渡が登場しています。

ただ、映画では彼の姿は見ていないですよね。

 

今まで佐藤健くんは他のシリーズの映画にも出てきていないけど、オダギリジョーと同様、ジオウに出演してくれたらね〜。。。

 

でも、今回のジオウでも、登場がかなり難しそうに感じるのが、

仮面ライダー響の細川茂樹

仮面ライダーカブトの水島ヒロ

そして、仮面ライダー電王の佐藤健

それに本命の仮面ライダークウガのオダギリジョー

 

恐らく、仮面ライダーキバの瀬戸くんは出てくるんじゃないか??

 

いや〜、このあたりの出演難しそうな俳優さんが出てきてくれたら。。。と祈るばかりです。

 

 

4.おしい!仮面ライダージオウで気になること

とは言っても、やっぱり最近のライダーなので、気になることや気に入らないところもちらほらあります。

 

例えば主人公の常磐ソウゴが「王様になりたい」っていうのは、ドラマの設定上、重要なことはわかるのですが、これってあまりに不自然・・・。

1話では、「王様になりたい」というセリフが連発でしたけど、2話ではあまり出ず。

この部分は目がつむれるだろうということで、ギリギリセーフ。

 

でも、ちょっと惜しい!!っていうのが、主人公の常磐ソウゴを演じる奥野壮くん

ジュノンボーイだけあって、かわいい顔をしています。

しかし、なぜか演技中に若々しさを感じないな〜!!って思ってしまいました。

 

なぜだろう??顔が整いすぎているから???

って思っていたら、なるほど!!って分かりました。

 

それは、なんとなく伊藤英明に似ているから・か???

 

ネット上にもそんなコメントありますね。

 

高校生役なんだから、下の写真ようなヘアースタイルなんかの方がいいんじゃない??

っていうのが、個人的な感想です。

(画像出典:https://lipps.co.jp/hairstyle/1023)

 

ちなみに、上の写真は本人です。

 

 

まとめ

ということで、2話ほど放送が終了している仮面ライダージオウですが・・

当初気にしていたビジュアル的な不安要素は払拭し、ストーリーに引き込まれるという状況になっています。

 

それと、過去の平成ライダーの主役の俳優さん達が今のところ出てくる感じで、

もしかしたら、夢にまで見たオダギリジョーさんの五代雄介がもしかしたら仮面ライダージオウで見れるのか??っていう勝手な期待、妄想が膨らんでしまっている自分がいます。

 

今後のストーリー的には、どの時点で今の常磐ソウゴがオーマジオウになってしまうのか?

それともならないのか?

っていう部分がかなり気になります。

 

今後もゲイツとジオウが戦う場面があるんでしょうが、同居人という立場になった状態で、どういう感じで戦うことになるのか?

過去の仮面ライダーがどういうシュチュエーションで登場してくるのか?

 

こういう部分も気になりますよね。

ということで、引き続き番組を見ながら、思うところをメモしていきたいと思っています!

 

スポンサードリンク